2008年05月09日

食事そのものも

婚約式をホテルで挙げたカップルには、1年目の婚約記念日のお祝いに挙式を行ったホテルがディナーに招待してくれることが多いとおもいます。
この婚約記念日ディナーを毎年続けるのはいかがでしょうか?婚約を機に専業主婦になった方は特に、ホテルでディナーを食する機会は余りないとおもわれます。
年に1度こういう機会を持つのは、気分が変わって喜ばれるのではないでしょうか?子供が授かっても、年に1度ぐらいは2人っきりで、ドレスアップしてちょっと豪華なディナーを食すれば、きっと明日への活力にもつながるし、お互いにお互いの事を優しくおもえるようになるとおもいます。
このディナーとは、食事そのものも、もちろん大事ですが、2人で向き合って話をしながら共に過ごす時間が大切なのではないでしょうか?家庭の食事では、テレビを見ながらとか、旦那さんの帰りが遅いのでばらばらに食べたりとか、ただ黙々と食べていたりするかもしれませんが、ディナーだと時間をたっぷりかけて食べますし、テレビや新聞や電話などの雑音もないので、しっかりと2人が向き合って食事を共にすることが出来ます。
もちろん、ホテルで出される美味しい食事は、心を和ませてくれるし、これからの食事のヒントになったりすることもあるかもしれません。
特に女性は、嬉しいのではないでしょうか。
ただ、ディナーは形として残らないので、記念撮影をするとか何か、記念になる物を用意するともっと、喜ばれるとおもいます。

ウブドのアクセス方法

ホワイトデーのお返し

トヨタ」の最新フォークリフト

高齢者がノートパソコンを使いこなす

搭乗者傷害保険の説明




posted by ももちゃん at 00:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。