2008年05月09日

婚約生活


一言に運命線と言っても、運命線の状態によって、それぞれ違った意味に変わってきます。
良い運命線、浮気の相、離婚の相、玉の輿の相まであるらしいです。


ここでは長い運命線について調べてみましょう。
運命線とは、小指の付け根と感情線の間にある短い線をいいますが、通常は小指の幅ほどの長さですが、薬指のあたりまで伸びていると、長い運命線だと言えるでしょう。

ですが、そういった長い運命線の持ち主は、そうたくさんいるわけではありません。
ごく稀に、こういった運命線を持つ人がいるようです。
その意味は何でしょうね。
この運命線の持ち主は、恋愛にとても情熱的で、相手に対して全力で愛します。
婚約に関しては、必ずと言っていいほど恋愛婚約で、お見合いで婚約する人はほとんどいないかとおもわれます。
家族に反対されたり、婚約に障害があればあるほど、力を発揮し、意地でも押し通して婚約してしまうというタイプになります。
運命線上に、よほど悪い相がないかぎり、幸せな家庭を築く場合が多いようです。
それをふまえると、長い運命線は、良い運命線と言えるでしょう。

ですが、運命線とは本人の心境によって変わるものです。
良い運命線でも、努力を怠れば悪い運命線に変わってしまいますし、悪い運命線でも、本人の努力しだいでは、とても良い運命線に変わっていく場合もあります。
自分中心だけでは、婚約生活はうまくいかないに決まっています。
相手をおもいやることが大事です。
自分がされるとイヤなこと、イヤな言葉、してしまう前に一瞬止まって考えてみましょう。

北京オリンピックの応援キャンペーン

サンスターの「電動自転車

整体に最も適したベッドの選び方

五月病と生活習慣病

東京海上日動の「自転車保険」の特徴

posted by ももちゃん at 00:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。