2008年05月09日

手相も良いものへと変化する

手相で、運命線というものがあります。
女性のほうがよく知っているのではないでしょうか。
運命線とは、まさに婚約の時期を占うものですが、見方によっては運命線の数は恋愛の数とも言われ、必ずしも婚約の時期を予測できるものではないようです。
色々なパターンがあるようなので、それを見ていきましょう。

運命線の始まり地点に、丸い島のようなものがある場合。
ここでは、右手に現れた場合の結果を見てみましょう。
右手は後天的な運勢が現れやすく、これから先に起こることを予測できるのです。

実は、運命線に島があるのは、あまり良い暗示ではありません。
何かトラブルや障害がおこることを意味し、運命線の始まりに島があるのは、婚約前に家族や周囲から猛反対されたり、何かと妨害が生じたりするようです。
ですが、さまざまな妨害があっても問題は絶対に解決します。
のちには、平穏な婚約生活を送ることができるようになります。

たとえどんな妨害があっても、パートナーと力を合わせ、努力し続けることで、幸せな未来が待っています。
このような運命線を持っている人は、あきらめずに頑張ってくださいね。

手相とは変わりやすいものです。
そして、努力のない婚約生活などなかなか存在しないとおもいます。
努力を怠れば、手相も変化し、悪い方向へと進んでしまうでしょう。
努力をしつづければ、手相も良いものへと変化するか、良い状態を維持し続けることができます。
お互いをおもいやる気持ちを大切にして、婚約生活を送ってくださいね。

住宅情報】建ぺい率、容積率

火災報知機」の設置場所

地球温暖化4R活動とは?

花壇のお手入れ:"植物"の種まき

省エネ住宅とエアコン

posted by ももちゃん at 01:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。